プロジェクトの誕生秘話

 大学生の頃よりVineLinuxを使い始めてはや数年。これまで様々な苦労を乗り越えてきました(涙)。突然X Window Systemが立ち上がらなくなったり、Windowsとの共存に悩まされたり・・・といったLinuxユーザなら誰もが1度は味わうそんな苦労を記録しておこうとこのページを立ち上げたわけです。
 最初は数項目程の小さなページとしてスタートしましたが、この数年間で「予想外」に非常に大きなサイトになりました。現在このプロジェクトは相互リンクサイト様をはじめとして多くのみなさまに支えられて成り立っています。
 とはいってもまだまだ知らないことは沢山あります。だから他のVineLinuxユーザのみなさんとあれこれ情報交換の場をつくりたいという願いもこのプロジェクトの中に込められています。
 近年FedoraやUbuntuといった他のディストリビューションの勢いが止まりませんが、VineLinuxが純国産Linuxであることは変わりありませんので、可能な限り内容の充実をはかっていきたいと思っています。

ご利用方法

 トップページをはじめとして、画面左側に「MENU」が並んでいます。キーワードで探したり、ジャンルで探したり、アプリケーションのインストール方法に特化して探したり、全項目一覧から探したりと、目的に応じて様々な検索方法を用意しています。検索方法は違っても、最終的にたどりつくページは一緒のページになっています。それぞれのページにはこれまで私が設定した記録や、みなさんから集まった情報などが格納されています。

対応環境

 VineLinux6.Xにいち早く対応!
 2015年3月上旬現在、VineLinux6.3の環境を前提としています。ただし、このプロジェクトがスタートした際にはVineLinux3.0の環境としていたため、それ以前のバーションの情報も格納されています。バージョンは違っても基本的に設定ファイルの置き場所などは大体同じはずですので、ご安心ください。
 インストール方法などがバージョンによって異なる場合は、現行バージョンと前バージョンとに分けて説明をしているページもありますので、参考にしてください。